ホーム > お金 > あやふやな思い

あやふやな思い

実際にノートPCのディスプレイの前に座って休むことなく上下動しているマーケットを見るとどことなくトレードをしなければならないという感情に煽られる事も少なくないと思います。

だがしかし、あやふやな思いでトレードすることだけは、決してしてはいけません。

ご覧の通り、相場は終日常にどこかの国の為替市場が開かれているし、レートもいつでも、変化しています。

 

しかし、だからといって立て続けに取引をしているとそれだけで損をするリスクが高くなってしまいます。

 

確かに売り買いの回数を積む事でトータルで勝利する確率か50%、50%になるのは事実。

でもそれは「なんだか分からないアイデアで売買」することとは別の話です。

 

売買回数を重ねる事の意味は自ずから「ここはいける」と考え付いたチャンスを得られたケースでの売り買いの回数を積むという事を言っています。

 

理由がなく、注文を積み重ねるのとは明確に違います。

 

市場の勝負に敗北しないためには主体的にけじめをつけることが大切です。

 

「ここだ!」と思い至ったマーケットの時には、覚悟を決めて持っているポジションを積み増して思い切り儲けを追求する。

 

「だいぶ分かりにくい外国為替相場でどう推移するのか思いつかないな」と思った時は、諦めて所有ポジションを全部クローズして何もせず静観します。

 

このぐらいのリズムをつけた方が、結果的にはトレードは儲けられます。

 

マーケットの名言には「休むも相場」という言葉があります。

 

実にその通りです。

 

為替取引とは、いついかなる時でも売買ポジションを持つことが肝心な事ではなくどのポジションも保持せず何もしないことも状況によっては相場です。

 

そうであるならば、どういった時に休むべきなのでしょうか。

 

第1に言われるのが前に述べたように、直近の外国為替市場が具体的に良く見えない時です。

 

これからどちらにいくのか判断できない時はヘタに動くと、あなたの思ったシナリオとは違った方向に市場が推移してしまい損失を被る事になります。

 

だから、このような場合はポジションを諦め何もせずに黙ってみているだけが最良の選択です。

 

第2に、己のコンディションが変なときです。

 

体の調子と相場に何の影響も与えないと考える方もいますが実際にはかなりつながりがあります。

 

体の状態が変な時は外国為替市場の判断しなければいけない場面で、正しい判断を下すことができなくなります。

 

気分が進まない時はマーケットから遠ざかる事も大事な事です。

 


関連記事

  1. 古本を売りたい時に利用するお店

    古本を売りたいなって思うときってありますよね。ちょっと金欠なときであったりとか、...

  2. リスト化重要性

    免責不許可事由という言葉は自己破産を申し立てた人を対象に、このような要件にあたっ...

  3. あやふやな思い

    実際にノートPCのディスプレイの前に座って休むことなく上下動しているマーケットを...

  4. エントリーは小さく

    外国為替証拠金取引ビギナーが為替相場の要所を見つけるには、初めに注文を積み重ねる...